うつ病の早期発見には種類を覚えることが大切

女の人
  1. ホーム
  2. 流れを覚える

流れを覚える

医者

うつ病には様々な種類がありますが、共通している所が治療に時間が掛かるということです。長期間に及ぶ治療を行う場合は、治療の流れをよく理解しておくことが重要となります。基本的な流れと注意点をチェックしておきましょう。どの種類のうつ病でも、スムーズに治療を進めることができるはずです。基本的にこの病気の治療は3つのステップに分かれます。まず初めのステップが急性期です。これは、薬物治療と十分な休息を取ることで症状を和らげていきます。一般的な目安として1ヶ月から3ヶ月程の期間を要するでしょう。投薬治療によって、まずイライラと不安感が和らいできます。次に憂鬱感が軽くなるでしょう。イライラや憂鬱感が軽くなることで日常生活や趣味に対する興味や関心が戻ってきます。そうなれば、短い時間の外出や家事などもこなせるようになるでしょう。外出や家事などで少しずつ身体を動かすことで生活が楽しめるようになってきます。回復期に入ると、症状が軽くなったり重くなったりを繰り返しながら、少しずつ状態を安定させていくのです。基本的に一気に症状が回復することはありません。うつ病の種類が違っていても同じことです。焦らずゆっくりと回復させていきましょう。回復期に入ると社会復帰を焦ったり、症状が良くなってきた時に治ったと勘違いして治療を止めてしまう方も少なくありません。医師の指導をしっかり守りながら治療をしていきましょう。状態が安定すると、再発予防期に入ります。回復してから1年から2年くらいの間は投薬治療を行うでしょう。この病気には様々な種類のものがありますが、再発しやすいといった点は同じです。しっかりと予防することが大切になります。病気の治療は長期間に及ぶものですので、注意点がいくつかあり、急性期の注意点ですが、投薬治療に用いる抗うつ剤は効果を発揮するのに時間のかかる薬です。1週間から2週間後に効果が現れるのが一般的だと言われています。そして、一番厄介なのが、副作用です。抗うつ剤は効果が現れる前に、副作用の方が強く出ることが多いと言われています。そのような特徴を知らない方は、効果が感じられないどころか、余計にうつ病の症状が悪化していると思い込んでしまい、治療を途中で放棄してしまうのです。投薬治療を止めてしまうと回復することが難しくなってしまいます。じっくりと時間をかけて治療しましょう。また、回復期に入ると、調子の良い日と悪い日が交互に訪れます。昨日できていた事ができなくなってしまうと自責感が湧き、気分が落ち込んでしまうでしょう。昨日できていた事が今日できなくなるのは、何もおかしなことではありません。また、体力や気力が回復してくると希死念慮が現れることがあります。回復期は行動力が伴ってくるので、突然行動を起こすことがあるのです。その為、周りの人間は細心の注意が必要になるでしょう。再発予防期には抗うつ剤を勝手に止めてしまう方がいますが、薬の服用に関しては医師と相談してから決めるのが大切です。