うつ病の早期発見には種類を覚えることが大切

女の人
  1. ホーム
  2. 気質とは

気質とは

男性

うつ病になりやすい方にはそれぞれ特徴があります。気質や性格が影響しており、いくつかある気質の種類の中でも循環気質や執着気質、メランコリー親和型気質の三種類はうつになりやすい気質です。それぞれの気質の特徴を覚えておきましょう。まず、循環気質ですが、この気質は双極性うつ病になりやすい気質と言われています。循環は躁とうつが交互に行ったり来たりを繰り返すことです。気分が高揚して明るくなったと思ったら、急に沈み込み表情が曇ります。ポジティブな気持ちとネガティブな気持ちが交互に訪れる為、精神的に不安定になりやすいのが特徴です。社交的で活発な性格の方が多く、病気になりやすい気質だとは思われません。ですが、突然気持ちが落ち込み黙り込む、悲観的な気分になるといった一面があります。執着気質の場合は、責任感が強くて生真面目、常に全力で物事に向き合う気質です。少しでも気になる所があると、その物事に執拗に執着します。約束を破ることはありませんし、仕事などを頼まれた場合は全力で対応する誠実な気質です。ですが、周りの人間にも同じような対応を求める為、周りの人間との温度差に苦しむことが多くなってしまいます。この行為には自覚がないので、自分だけが頑張っている、苦しんでいると思い込むことが多いでしょう。手を抜いたり、メリハリをつけるのが苦手な不器用さを持ち合わせていると言えます。メランコリー親和型気質の場合は、ネガティブな感情と相性が良い気質です。英語でメランコリーとは憂鬱や悲哀という意味で、そのような感情と親和性が高い気質と言われています。何かあると悲しくなったり、憂鬱になったりしやすく、様々な種類のうつ病になる可能性が高いでしょう。一般的に気配りや気遣いが上手な方が当てはまります。和を重んじる気質ですが、他人からの評価に敏感です。何か問題が起きれば、勝手に自分が悪いと思い込むことが多く、全ての出来事に於いて悲観的に捉えます。ですが、この三種類の気質に当てはまったからといって、必ずうつ病になる訳ではありません。他の気質に比べて病気になりやすいというだけです。気をつけていれば病気になることはないでしょう。実際に、上記で紹介した気質に当てはまる方でも病気にならずに、健康を維持している方は沢山いるのです。大切なのは、自分の気質を知り、病気の予防対策をすることでしょう。しっかりと対策を施していれば、うつ病になるリスクを減らすことができます。