うつ病の早期発見には種類を覚えることが大切

うつ病の種類別に対処し元気を取り戻す

流れを覚える

医者

うつ病の種類は様々ですが、基本的に治療にはとても時間の掛かる病気です。長期間に及ぶ治療には、治療の流れを理解しておく必要があるでしょう。治療には流れや注意点があります。

詳細

気質とは

男性

三種類の気質の内、どれかに当てはまる場合は、うつ病になりやすいと言われています。必ず病気になるという訳ではなく、自分の気質を理解して病気の予防を行うことが大切なのです。

詳細

病気の予防

カウンセリング

ストレスが原因となる病気の中でも有名なのがうつ病です。ストレスには種類があるので、ストレスについて勉強していきましょう。ストレスについて学ぶことで病気を効果的に予防できます。

詳細

二つの違い

婦人

うつ病治療は症状によって、医療機関を選ぶ必要があります。精神科と心療内科、この二種類の医療機関のどちらかを利用するでしょう。今回は精神科と心療内科について説明していきます。

詳細

特徴を覚える

パズルと人形

うつ病は種類によって特徴が異なります。病気の早期発見には種類を覚えておくことが必要になるでしょう。そこで、今回は様々なうつ病を紹介していきます。この病気の中でも最も発見が難しいのが仮面うつでしょう。これは、一般的に心の症状が先に現れますが、仮面うつの場合は身体の症状が先に現れます。その為、身体の症状に合わせた医療機関を点々とすることになり、病気の発覚が遅れるのです。病気は症状の原因を治療しなければ、症状は改善しません。その為、巡り巡って心療内科にたどり着く方が多いのです。心療内科にたどり着いた頃には症状が悪化していることが多く、治療にも時間が掛かるでしょう。身体に現れる症状は、他の病気とそう変わらないのも発見が遅れる原因の一つです。口内の渇きや舌の痛み。喉に違和感を覚えたり、動悸や肩こり、頭痛、手足の痺れなどが症状として挙げられます。しかし、この症状だけを見てうつ病と判断するのは至難の業です。原因がないと診断されて初めてカウンセリングを受ける方も多いでしょう。この場合、身体の症状が出た後に気分が落ち込むことが増えたり眠れないことが増えている方はカウンセリングを受けるのがおすすめです。仮面うつは自覚することが難しいので、原因が分からない身体の症状に苦しんでいる方が身の回りにいたら、心療内科を勧めてみましょう。退行期うつの場合は、60代に多い種類です。発症した年齢によって呼び方が少し変わってきます。身体が衰えると、今まではできていたことができなくなってくるでしょう。歳を取ると死を意識することも多くなります。また、自身の能力の低下を自覚することでショックを受けることが原因とされているのです。初期状態では抑うつ気分はあまりありません。活発に活動できますが、病気が進行するにつれて仮面うつや軽度うつに変化していきます。自分のことを過小評価することも増え、希死念慮が強まってくるのです。特に身体の症状は加齢のせいにされがちなので、注意が必要でしょう。歳を取ると孤独感が強まってくるので、孤独感を与えないことが大切になります。季節性うつの場合は、季節によって発症するため、治療を行わない方が多い種類です。最も多いのが冬季うつで、冬場に発症します。本格的に寒くなり、日照時間も短くなってきた頃に発症し、暖かくなってくると症状が回復するのが特徴です。基本的に時間が過ぎれば回復します。日照時間が短くなることで、バイオリズムや体内分泌物が狂うことが主な原因と考えられているのです。時間が立つと回復するので、自覚しにくいことが特徴の一つでしょう。また、過眠とか食の傾向が見られます。一日十時間以上寝ても、眠気が取れなかったり、やたら甘いものを過剰に摂取しようとするのです。過食気味になると、胃のキャパシティーを超えた量を摂取しようとしてしまいます。冬季うつの改善方法の一つが光照射療法です。強い光を浴びせることで脳を刺激し、症状を改善することができるでしょう。